皆様、こんばんわ。
にゃんもの旦那です。
今日は「行動理由」について書かせていただきます。

色んな人を見てきて、色んな話を聞いて……
何気ない誰かさんと誰かさんの会話の中にも
小さいながら「目的」というのが見えてきます。

電話で「電気代が安くなるんですけどー」とか
「電話料金が安くなるんですけどー」
「とってもお得なのでご協力頂ければー」
ってのは判り易く目的は「契約成立」ですよね。
とどのつまりお金です。
アーッとっても判り易い!!

基本、人間って話を持ち掛ける時、
何かしらの下心を持っている訳ですよ。
それがプラスであれマイナスであれ。

特に「あなたにとってプラスですよ!」
その様に勧めてくるサムシングは危険です。
そんなにプラスなら自分でやればいいじゃない。
身内だけでやればいいじゃない。
お得な話を顔も知らない人に、普通勧めないよねぇ。
私だったら仲間内だけで美味しい思いしちゃうね!

ま、ここまでは当たり前のお話。
私が友達と会話している時でも
「目的を、曖昧に、察してもらう」ように持っていく人に
魅力は全然感じません。
回りくどいんですよネ。
それで成功するのはイケメンと美女だけです。
インスタグラムやツイッターでもよくありますが
流行りのものを挙げても、何が面白いのか全然わからない。
それって「見て見て(流行りの物を撮ってる)私を見て」
ってだけですよね。
芸能人やモデルとかならわかりますよ?
それが仕事に直結する事もあるでしょうからね。

逆に「これ(流行りの物)が面白かった!みんなも是非見て欲しい!」
という目的で書いてる人のは、見ていてこちらまで体験したくなります。
例え、その(流行りの物)が同じ物だったとしても
全くもって魅力の伝わり方が違います。
どちらともに書いた理由が「人気者になりたい!共感されたい!」であれ
後者の方が結果として、ファンを増やしていくものです。

目的を、行動理由を明確化する事で、伝わり方が
とても変わるというお話でした。

少し話は変わりますが、相手に好意を伝えるには
「判り易い感情を、より大きく」表現する事が
一番手っ取り早い方法だと思っております。
「好きだ!」は、相手が「まだそういう段階じゃない」事も多いので
判り易く「今日は楽しかった!また行こうな」あたりをある程度繰り返すのが
もあーざんべたーなんじゃないでしょうかね。

私がよくされる恋愛相談では、焦っているのか
「今日は楽しかった!また行こうな!」が
とても少ないのですよねー。
それ故か、失敗報告が後を絶たないのであった。